どの資格を取るといい?

一般的に調剤事務といわれる資格は、

認定する団体によっていくつかの種類があります。

認定団体はそれぞれ独自の基準を設けて試験を行ったりして、
資格を認定しているわけですが、他の資格と被らないように、
ネーミングも独自のモノを考え出し、

「調剤事務管理士」とか「調剤報酬請求事務技能認定」とか、
名乗っているわけです。

どの調剤事務の資格が一番役立つか?

2010年5月現在、有名な調剤事務の資格はいくつかありますが、

〝どの調剤事務の資格が一番役立つか?〟
と悩まれる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言えば、

〝基本的にどの資格でも同じ〟
という事になるようです。

調剤事務と似たような民間資格で、
内容は同じでも認定団体によってネーミングの違う資格は、
〝医療事務〟や〝歯科助手〟といった資格がありますが、
これらも基本的には、どの資格を取得しても、同じ程度のスキルは得られます。

商業簿記ほど〝歴史の長い資格〟になると、

「簿記の資格であれば、日本商工会議所の〝日商簿記〟が一番」
といった〝格〟が生まれてきて、同種の資格と信用度に違いが出ている場合もありますが、
調剤事務の場合は、資格そのものがまだ生まれてそれほど経っていない資格で、

資格の〝格の差〟というものは出来ていないようです。
ですから、調剤事務の資格を選ぶ場合は、資格の取りやすさを重視して、
経済的、あるいは時間的に自分が取得しやすい調剤事務の資格を選ぶといいでしょう。

前述した調剤務の資格の内容と、取得方法を簡単に紹介します自分にピッタリの資格を探してみて下さい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ