事務

調剤事務の仕事は基本的には、〝薬剤師のアシスタント〟
です。

前述の接客の仕事にしても、別に薬剤師には出来ない仕事だというわけではありません。

ただ、処方箋の指示に従って薬剤を調合する作業というのは、
最近ではパッケージ化された薬が多いとはいえ、
結構神経を使う仕事で、処方箋をもった患者さんが訪れるたびに作業を中断して、
窓口まで接客に出向いていては、大変効率が悪くなりますので、
基本的に特別な資格がなくても出来る接客は調剤事務の方が代行するわけです。

それと同じで、調剤作業以外の事務仕事も調剤事務の方が担当する事になります。

たとえば、処方箋の内容を調剤録に記入したり、

実際患者さんに処方した薬の内容を薬歴簿に記入したりするわけです。

レセプト業務とは?

また、1月に一度は調剤報酬をまとめて、請求する〝レセプト業務〟というモノもあります。

これらの事務仕事には、コンピュータが導入されているケースがほとんどですので
〝記入する〟というよりも、データを入力するという形になる事が多いようで、

手書きで様々な書類を作成していた昔の事を思えば、随分と作業は楽になっています。

しかし、作業そのものが楽になったとはいえ、これらの事務仕事をこなすには、
薬剤に関して一般以上の専門知識が必要になりますので、
調剤薬局に就職して、すぐに一人前に働こうと思ったら、調剤事務の資格は必要でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ