調剤事務の仕事内容 -接客-

調剤事務の具体的な仕事を紹介しておきましょう。

調剤事務の仕事は大きく分けて、

・接客

・事務

になります。

まず調剤事務の方は、処方箋を持ってきた患者さんと直接接する接客が大きな仕事になるわけです。
患者さんの持ってきた処方箋を見て、初めてこの調剤薬局に来た〝初診〟の方であれば、

病院のカルテともいえる「薬歴簿」を作ります。

また、二度目以降の〝再診〟の患者さんであれば、
過去の薬歴簿を取り出して、保険証などに変更がないかを確認するわけですが、
調剤事務の方が、処方箋に関して関れるのはそこまでです。

処方箋に書かれた薬が正しいかをチェックし、

実際に調合するのは薬剤師の仕事になります。

調剤事務は『調剤薬局の顔』

次に薬剤師から調合された薬を受け取り、
実際に患者さんに手渡すのは、調剤事務の仕事になりますが、
この時患者さんに、
薬の内容や服用方法を説明
しなければなりません。

最近は〝家庭の医学〟といった類のタイトルで、
病院や薬局で貰う薬の内容が書かれた本がたくさん出回っており、
患者さんもそれなりに薬の知識を持っていますので、
いい加減な説明は出来ませんので、調剤事務の仕事をする場合、
少なくても患者さん以上の薬に関する知識は必要です。

あとは代金を受け取る会計も調剤事務の仕事になります。

つまり、調剤薬局を訪れる患者さんと直接接するのは、ほとんどの場合、調剤事務の方になるわけです。

ですから、調剤事務の方は〝調剤薬局の顔〟になるわけで、
自分の務める調剤薬局の評判を上げるのも落とすのも、
調剤事務の能力に大きく左右されると言っても過言ではないでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ