仕事背景-保険薬局の増加-

そんなわけで、病院での医薬分業が進み、
患者さんは病院で診察を受けて、薬は医師に書いてもらった処方箋を持って、

〝保険薬局〟とか〝保険調剤〟あるいは
〝処方せん受付〟という表示のある調剤薬局で貰うシステムが一般化したわけです。

調剤薬局というのは、ちゃんと薬を調合する調剤室を持ち、
薬剤師が居る薬局
の事ですが昔は、それほど調剤薬局の数は多くありませんでした。
それが前述の様に医療保険の改正によって、
院外処方のシステムを導入する病院が増えた事によって、
調剤薬局の数はどんどん増えていき、特にちょっとした規模の病院であれば、
その病院の横には必ず調剤薬局が建てられています。

調剤薬局の増加で調剤事務の需要も急増

そんなわけで、調剤薬局が日本全国で増加した事によって、
薬剤師もたくさん必要となったわけですが、
同時に調剤薬局で、接客や薬剤師をサポートする事務員さんの需要も高まったわけです。

調剤薬局での仕事は、訪れた患者さんに手渡す薬の内容や、
服用方法を説明する必要がありますし、
事務仕事である保険計算にも、専門的な知識が必要になります。

全くの素人がそうした専門知識を身につけるには、それなりの時間がかかりますので、
あらかじめ、調剤薬局で働く為の専門知識を身につけた人材が求められるようになり、
薬剤に関る業界団体が、〝調剤事務〟という資格を作ったわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ