仕事背景-医薬分業の意味-

そもそも医薬分業が生まれたのは、西洋の政治事情で、
医師による王や領主の暗殺を防ぐ為だったのですが、

実は日本を含む東洋医学には、そうした医薬分業の発想はありませんでした。

東洋医学の本流である漢方医学は、患者の病状を見極め、
患者に最も効果のある薬を調合して投薬する行為そのものが〝治療〟ですので、
治療と投薬は分けようがないわけです。

現代の医薬分業

現在では実際に患者に投薬する薬を決めるのは基本的に医師の仕事で、
医師の書いた処方箋に基づいて薬剤師が薬を調合します。

この分業システムの目的は

〝二重チェック〟という事です。

医師と薬剤師で二重にチェックして安全性を高めようというのが、

一番の目的になっており、医療ミスの防止にあるわけです。

ただ、小さな個人病院ではなく、大きな総合病院であれば、
昔から病院内に薬剤部はあり、病院を訪れた患者さんに対して、
薬の調剤は集中的に行われていました。

それが病院外にある調剤薬局で薬の調合を任せる病院が急に増え始め、
今ではすっかり一般化してしまったのには、もうひとつ別の理由がありました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ