調剤事務に向いている人は?

調剤事務として働くのに向いている人
つまり調剤事務の仕事に要求される要素は、大きく分けてふたつあります。

ひとつは、正確で細かい計算をする事が出来るという事です。

調剤薬局を訪れた患者さんの薬事録を間違いなく作成したり、
月に1度のレセプト作成業務など、調剤事務は正確な事務作業が要求されます。

現在はレセコンを導入している調剤薬局も多く、
手計算で点数計算をしなければならないケースも減ってきていますが、
だからと言って、計算業務そのものがなくなったわけではなく、
いわゆる〝事務仕事〟が得意である事が、
調剤事務として必要なスキルだと言えるでしょう。

そして、調剤事務として調剤薬局で働く場合に必要なのは、
接客が好き、あるいは苦にならないという社交性も求められます。
調剤薬局を訪れる患者さんが、実際に接するのは窓口で接客をする調剤事務の方の仕事です。

明るく対応し、患者さんに判りやすく薬の内容や服用法を説明しなければなりません。

調剤事務はいわば〝調剤薬局の顔〟とも言えますので、調剤事務の方の接客次第で、
その調剤薬局が繁盛するかどうかが掛かっているといっても過言ではないのです。

正確な事務作業が出来る几帳面さと、患者さんに好印象を与える社交性が、
調剤事務として高く評価される要素でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ