調剤事務の給料は?

調剤事務の資格が、どれほど給料に影響するかという問題は、
関心の高い方も多いと思いますが、結論から言うと
〝地域の事情や薬局の経営方針で差がある〟
という事です。

院外処方が進んでいる地域であれば、当然その地域にある調剤薬局の数も多く、
そこで働く調剤事務の需要も高まり、有資格者は優遇される事になり、
25万以上の給料を取る調剤事務の方も実在します。

25万という給料はこうした記事に紹介されるくらい高額の部類で、
調剤事務として働く人の多くは、

「一般の事務員より、少しはいいかも?」
という程度でしょう。

また、逆に調剤薬局が増えすぎてしまった地域だと、
不景気も相まって、調剤事務の資格があっても、
給料には全く反映しないケースがあるのも事実です。

調剤事務の資格が給料に反映しないケース

調剤薬局で薬を扱う以上、薬剤師の有資格者を置く事は義務ですので、
薬剤師の有資格者は優遇せざるをえませんが、
原則的に無資格での行える調剤事務の仕事は、
実際に仕事がこなせるだけのスキルがあるのであれば、
別に資格にこだわらない経営者も居るわけで、
そうした調剤薬局で調剤事務の資格が評価される可能性は低いでしょう。

結局資格が評価されて、給料に反映するかどうかは、つとめる職場次第といった事になりますので、
その経営者が資格に対して評価してくれるかどうかを、面接を受けるときに見定めましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ