調剤事務の就職先は?~就職先の探し方~

調剤事務の民間資格は、就職の時に有利なスキルになります。

調剤事務の資格が活かせる職場といえば、
やはり病院の処方箋が扱える調剤薬局という事になりますが、
前述の様に病院のシステムは病院内で薬を手渡す院内処方から、
処方箋を書いて、薬の提供を外の薬局に依頼する院外処方が大幅に増加しましたので、
病院の周りに調剤薬局も増えました。

2000年台初頭ほど急激に調剤薬局の増加が進んでいるわけではなく、
最近はむしろ過当競争に変わってきているようですが、
それだけに調剤薬局で働く人材は、最初からある程度のスキルを求められるわけです。

調剤薬局での接客や事務作業は、基本的に無資格でも行う事は可能なのですが、
薬とレセプトに関する専門知識をもともと持っている人の方が、
就職しやすいのは当然でしょう。

就職先の探し方

そんなわけで、調剤事務の資格を持っている場合、
就職先の探し方は、自分の資格を活かせる調剤薬局関係になります。

調剤薬局の求人は〝経験者優遇〟となっているケースも結構ありますが、
調剤事務の資格を持っていれば、〝経験者並〟として、
有利な就職が出来る可能性もありますので、積極的に応募してみましょう。

尚、調剤事務の資格でニチイの専門学校、あるいは通信講座を利用して、
「調剤報酬請求事務技能認定」の資格を取得した場合、
ニチイが講習修了者向けに提供している、ニチイ教育講座修了生向け求人情報サイト、

きゃりあネットhttp://www.c-nichii.net/

を利用して就職先を探す事も可能です。

一般の求人誌や、ハローワークなどの公共求人情報以外の求人も探せる可能性があり、
メリットは大きいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ