調剤事務管理士の取得法~合格率と認定方法~

調剤事務管理士技能検定試験の合格基準は、
〝実技は70%、学科は70点以上、正解すること〟
になっています。

ただ、出題問題に関する配点などは公表されていません。

したがって学科試験の場合、10問出題されているからといって、
必ずしも1問10点というわけでもないようです。

調剤事務管理士技能検定試験の難易度は?

「でも資料持ち込みOKなんだから、それほど難しくはないのでは?」
と考えている方…甘いです。

調剤事務管理士技能検定試験の合格率は、2007年度の場合、

〝52.4%〟

になっています。
資料持ち込みOKの民間資格の場合ですと、合格率が高いものも多いのですが、
調剤事務管理士技能検定試験の合格はそう簡単ではないようです。

資料持込OKで半数ちょっとしか合格出来ないというのは、
求められるスキルがそれだけ高いという事ですので、
逆に考えれば、取得するだけの価値がある資格だと言えるでしょう。

試験の合格結果は、試験実施後1ヶ月以内に、
受験者各人に郵送で知らされるシステムになっています。

遠方に住んでいて、試験を受ける為にわざわざ街まで出かけた方にとっては、
試験結果を知るために、また試験会場まで出かける手間がかかりませんので、
助かると思います。

そして合格者には認定合格証が交付されるわけです。
医療事務系の専門組織が認定しており、難易度はやや高めですが、
試験回数が多い点で、取りやすい資格
だとも言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ