医療保険調剤報酬事務士の取得法~資格概要~

医療保険調剤報酬事務士も、調剤事務の民間資格ですが、
取得条件は、認定団体である医療保険学院http://www.mic-kk.co.jp/school.htm)が行う通信講座

〝調剤報酬事務教育講座〟
を受講して、修了試験に合格すれば取得出来る資格になります。

ですから、この医療保険調剤報酬事務士は認定団体の行う通信講座を受講している事が〝受験資格〟で、
各人が勝手に受験勉強をして、試験に合格すれば取得出来るという、
一般的な資格とは少し意味合いが違うモノです。

医療保険学院とは?

認定団体の医療保険学院というのは、東京に本社がある、
株式会社エム・アイ・シーという会社が運営している医療事務系の専門学校になります。

この株式会社エム・アイ・シーという会社は、医療用医薬品や一般用医薬品、
あるいは医療機器などの流通グループとしては、日本屈指の規模を誇るメディセオグループの傘下企業です。

2009年8月現在、医療保険調剤報酬事務士の資格が取得出来る、
医療保険学院の調剤報酬事務教育講座と同じカリキュラムを導入している専門学校や、
通信講座は、学校法人産業能率大学の通信講座である〝調剤報酬事務〟くらいのようで、
基本的には医療保険学院の行っている通信講座に直接申込む方法が一般的でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ