調剤報酬請求事務技能認定の取得法~受験方法~

調剤報酬請求事務技能認定の資格を取得する場合、まずしなければならない事は、

認定団体である日本医療教育財団の承認を得て、

調剤報酬請求事務技能認定の資格が取得出来る教育機関を探すことです。

教育機関の探し方

通信講座の方が日本全国何処に住んでいても関係なく受講できますし、
費用も専門学校に通うより安くなるケースが多いので、
通信講座から探していくのが適当だと思いますが、
独学が苦手だとか、専門講師に直接指導を受けたいと考えている方は、
専門学校を探してもいいでしょう

現在お住まいの地域で調剤報酬請求事務技能認定の資格が取得出来る教育機関を探す場合、
日本医療教育財団に直接電話して問い合わせる方法もありますが、

日本医療教育財団のHPhttp://www.jme.or.jp/a_e/d_c.html)にある「受験校一覧」というメニューから、
地元で承認を受けている専門学校を探し、その専門学校に問い合わせてみるのがいいかもしれません。

ただ、日本医療教育財団の受験校といっても、承認されているカリキュラムは他の資格で、
調剤報酬請求事務技能認定コースがない受験校もありますので注意しましょう。

そうして、専門学校か通信講座か、受講可能な方法を選んで、
調剤事務に関する専門教育を勉強する事で受験資格が得られ、
講座の最後には修了試験が行われますので、
これが調剤報酬請求事務技能認定の資格試験になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ