「調剤事務管理士」向けの通信講座

調剤事務管理士は、認定団体である技能認定振興協会が実施する、
〝調剤事務管理士技能認定試験〟
を受験して、合格すれば取得出来る資格です。

この調剤事務管理士の取得を目標にした通信講座を行っているのは、
20011年12月現在、通信教育の大手として有名な

・ユーキャンになります。
ユーキャンの調剤薬局事務講座

このユーキャンの「調剤薬局事務講座」は、標準の受講期間が4ヶ月になっていますが、
最大12ヶ月まで受講期間を延長する事が可能になっており、
自分の都合で一時的に勉強を中断しなければならなくなっても安心です。

受講費用は、一括払いの場合39000円で、
分割払いだと3300円の12回払いで合計39600円になります。

添削回数は3回で、カリキュラムを終えた時点で受ける修了試験は3回まで受験できます。
このユーキャンの通信講座の大きな特徴は、修了試験に合格すれば、

〝残りの受講期間中、調剤事務管理士技能認定試験を在宅試験で受験できる〟

という点です。

調剤事務管理士技能認定試験は、前述の通り、基本的に試験会場に出向いて受験する事になっており、
在宅受験が受けられるのは、ユーキャンの通信講座を受講した場合の大きなメリットになります。

ユーキャンの「調剤薬局事務講座」は、最大12ヶ月まで延長できますので、
基準の受講期間である4ヶ月で全てのカリキュラムを終えて、修了試験に合格した場合、
8ヶ月は在宅受験が可能になりますので、
2ヶ月に1回開催される調剤事務管理士技能認定試験に最大4回まで在宅受験が可能になるわけです。

調剤事務管理士の資格取得を狙っていても地方に住んでいる等の理由で、
試験会場まで出向く事が困難な方はこのユーキャンの通信講座を利用する便利でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ