通信講座で取る!


通信講座は、独学と専門学校の勉強法のメリットを合わせたような勉強法で調剤事務系の資格だけに限らず、資格取得のための勉強法としてはお勧めです。

費用の事を考えれば、独学に比べて確かに高額にはありますが、
数万円の受講費用が、

「ムダにしてはいけない!」

という資格取得へのモチベーションを維持するために役立ちますし、
一発で試験に合格すれば、何度も受験料を払って受験する場合と比べて、
時間的にも経済的にお得になる場合もあります。

また、専門学校へ通う手間を考えれば、
自宅で出来る通信講座は、日本全国どこに住んでいても気軽に受講出来ますし、
自分の生活ペースに合わせて、カリキュラムを多少伸ばしたり、逆に前倒しで進めたりする事も可能です。
また、カリキュラムをこなす上での疑問点も、メールやFAXなどを利用して、担当の講師に質問する事が出来ますので、
専門学校ほどリアルタイムに疑問が解決しない場合もありますが、
独学の様に自分独りで悩むという事もありません。

調剤事務系の民間資格の場合、
「医療保険調剤報酬事務士」は、特定の通信講座を受講しないと取得できませんので、
医療保険調剤報酬事務士の取得を決めた場合の勉強方法は、
独学や専門学校ではなく通信講座しか、選択の余地はありませんが、
その他の資格も、通信講座によって取得を目指す資格が特定されていますので、
通信講座ごとの内容も紹介しておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ