調剤事務と合わせて持つと良い資格~ケアクラーク~

ケアクラークというのは、別名〝福祉事務〟と言われる資格です。

つまり、介護福祉施設での事務作業に関して、
一定以上の知識とスキルがある事を証明する資格で、
この資格も民間資格になります。

調剤事務や医療事務の〝介護福祉版〟になる資格で、
この資格も、認定団体がたくさんあり、
それぞれが独自の基準で資格を認定している
わけです。

ケアクラークは将来が期待できる資格

調剤薬局が主な就職先となる調剤事務の有資格者にとって、
ケアクラークは、医療事務ほど仕事が被りませんが、
調剤事務と医療事務の両方を持っていた場合は、
ケアクラークの資格を取得する事で、
日本国内で行われるレセプト業務のほとんど全て
をこなす事か出来ることになります。

そうなれば、介護サービスも行っている大病院をはじめとして、
レセプト業務を行う職場であれば何処でも就職する事が出来るでしょう。

院外処方は、今後も増えるかもしれませんが、
近年の様に急激な増加をする事はありません。

一方、日本の高齢化はこれから急激に増えていく市場であり、
介護福祉施設は増えていきますし、

調剤薬局が併設された介護施設も確実に増えるはずです。
そういう意味でも、調剤事務とケアクラークを一緒に持っていれば、就職先の選択肢も広がるわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ