調剤事務と合わせて持つと良い資格~医療事務~

前述の様に病気や怪我の治療をする場合、
治療と投薬の仕事を分ける事を医薬分業というわけです。
調剤事務は、そんな医薬分業で投薬に関係する事務部分を担当する仕事になります。

そして、治療の部分を担当する事務作業を〝医療事務〟と呼ぶわけで、
医療事務の資格も調剤事務同様、民間資格で認定する組織や団体によって、
いくつかの名称があります。

 医療事務資格の専門サイトは→医療事務資格完全ガイド (新しいウィンドウで開きます)

医療事務の具体的な仕事は、病院やクリニックでの窓口業務や、
医師が患者さん行った治療に掛かった保険の請求を行うレセプト業務で、

〝調剤事務の病院版〟

と考えればいいでしょう。

就職先の幅を広げる医療事務

調剤事務と一緒にこの医療事務の資格を持っていれば、
病院やクリニックも就職先として考えられ、就職先の幅がぐっと広くなります。

政府の医療保険の見直しで、多くの病院やクリニックでは、
院外処方に切り替えるところが多くなってきましたが、
投薬も治療に含まれるという東洋的な医学に対する考え方を持ち、
治療と投薬を分ける事はしないで、院内処方を続けている病院やクリニックも少なくありません。

そうした病院やクリニックであれば、
調剤事務と医療事務の両方の資格を持っている方は、求められる人材だと言えるでしょう。
ただ、医療事務の仕事も無資格の方でも出来る仕事で、医療事務の資格を持っていたからと言って、
これも調剤事務同様、特別に高額な手当がつく可能性は低いのですが、
就職先の選択範囲が増える事は確実です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ