調剤事務・調剤薬局事務の資格と仕事

調剤事務資格 調剤薬局事務資格と仕事

仕事で役立つ資格として、最近注目されている資格のひとつに、
〝調剤事務〟〝調剤薬局事務〟
という資格があります。
字面から判るとは思いますが、医療系の事務に関する資格で、薬剤師の補助するのが主な仕事です。

 

調剤事務・調剤薬局事務に関する資格一覧
 
調剤事務の仕事をするには資格があった方が断然有利です。調剤事務資格は、各種通信講座・スクールで取得出来ます。
有資格者がまず最初に行う事。それは、
【各種講座への無料資料請求をして情報収集をする事】です!
以下に各資格を記載してあります。クリックをすると、その資格が取得出来る各種通信講座・スクールを紹介しています。
まずは、無料資料請求をして調剤事務の資格や仕事内容、現状や将来性等の情報を取得しましょう。
 

  • 調剤事務管理士技能認定試験 - ユーキャンの調剤薬局事務講座
     調剤事務管理士技能認定試験の資格概要

  • 調剤報酬請求事務技能認定 - まなびネット【調剤専修コース】-【資料請求ページはこちら】 調剤報酬請求事務技能認定の資格概要

  • 調剤事務実務士 - 【”ヒューマンアカデミーの調剤事務講座”←シカトルで資料請求取得出来ます!】
    医療の資格をとるならシカトル
     調剤事務実務士の資格概要

  • 調剤報酬請求事務専門士
     調剤報酬請求事務専門士の資格概要

  • 医療保険調剤報酬事務士
     医療保険調剤報酬事務士の資格概要
  •  
     
    調剤事務の資格をもった人が働く職場というのは、病院の薬剤部といった部署になる事もありますが、一番多いのは、病院で医師から出された処方箋を持って薬を貰いに行く、
    調剤薬局の方になるでしょう。

    調剤事務の具体的な仕事は、薬剤師の補助と言っても、実際に薬を調合するわけではありません。
    調剤薬局で患者さんに提供する薬を調合出来るのは、
    国家資格である薬剤師の有資格者が出来る独占業務ですので、
    調剤事務の資格を持っているからと言って、薬の調合を勝手に行うと違法になります。

    調剤事務の有資格者にできる事

    調剤事務の有資格者にできる事は、
    調合された薬を患者さんに手渡す事です。

    その時患者さんに薬の内容や効能、あるいは服用方法を説明するのも調剤事務の仕事です。
    また、薬剤師の仕事に含まれるものの、直接薬の調合でない仕事、

    例えば保険計算や請求書類の作成といった事務系の作業は調剤事務の仕事になります。

    これらの仕事は、実は無資格でも行えるのですが、患者さんに対する薬の説明や保険計算などは、
    薬剤師の有資格者ほどではありませんが、薬に関してある程度の知識が必要になりますので、
    全くの素人が一人前になるには結構時間がかかります。

    したがって、あらかじめ調剤事務の資格を取得しておけば、
    現場で即戦力の人材として求められますので、就職には有利な資格
    だと言えるでしょう。